ハンズイングリッシュスクール南流山校

ハンズイングリッシュスクール南流山校

責任者紹介

 

【名 前】岩本 聖子
【趣 味】読書
【特 技】
速読
【HANDZの生徒へのメッセージ】
子供たちの『英語って楽しい♪』という気持ちを大切に側でサポートしていきたいと思います。英語を少し読めるようになってきたら、ぜひ英検などの資格にも挑戦してみてください。

講師紹介

Mac
Jason
Bryson
Chris
Gemma

ハンズイングリッシュスクール南流山校からのお知らせ

アクセス

住所

千葉県流山市南流山3-16-11 甲栄第一レジデンス1F

TEL

04-7136-7828

アクセス

TX 南流山駅から徒歩8分

お客様の声

南流山校 ロウ Keifferさん、Kennethさん(JHC Introクラス)

サッカーのクラブチームに入っているため、週の5日以上はサッカーで、残りのオフの日にはHANDZの週1日のレッスンに楽しく通っています。中学になってからは、学校の英語の授業も難しくなってきているのですが、HANDZに通っているせいか会話には自信を持っているようです。英検受験にも本人たちがとても積極的で、学校の授業が難しくてもHANDZのお陰で英語に対するモチベーションは全く下がることがなく確実に得意な教科に入っています。

 

南流山校 蒲谷綾音さん(2ndクラス)、彰人さん(1stクラス)

小学校での英語義務教育化、東京オリンピックなどで海外の方々との交流が増えていく環境、漠然とですが、子供たちには小さな頃から英語に慣れさせたいという気持ちがあったなか、ハンズに出会いました。少人数制、ネイティブの先生という形態で、体験レッスンから娘は目をキラキラさせて英語に触れられたので、すぐに入会を決めました。娘のレッスン参観に1歳下の息子を連れて行ったところ「ボクもやりたい!」とのことで、今は2人で毎回楽しく通っています。
思いがけず口ずさんでいる英語の歌や、ポロっと英単語が口から出る時に、2人の体に英語が染み込んでいるのだと実感しています。これからも2人とも楽しく通ってほしいです。

南流山校 荒川ゆらさん(3rdクラス)、さきさん(1stクラス)

ハンズに通い始めたのは南流山校の開校がきっかけでした。ハンズのレッスンは少人数で11人の性格に合わせてくれるので萎縮せずいつものびのびと楽しく参加しています。通い始めて5年が経ちますが、長くハンズに通っている理由は,レッスン内容が良いというのもありますが、講師、スタッフの方がいつも笑顔で子供と接してくれる、出来た時は沢山褒めてくれる、気持ちが落ちている時は子供の気持ちに寄り添い励ましてくれる、この事が親として安心して通わせられる、習う環境って大事なんだな、と実感しているからです。これからもハンズに通い続け英語を楽しく学んで欲しいと思っています。

南流山校 佐々木悠翔さん(4thクラス)

HANDZに通い始めて7年が経ちました。最初に英語を習わせてあげたいと思ったきっかけは、「日本語の音と英語の音は異なり、一般的な日本人の耳ではLRの違いは非常に分かりにくい。幼少期からネイティブに慣れ親しむのが最適」と知り、色々な教室に体験に行ったことでした。その中でもHANDZはネイティブ講師オンリーで少人数制、日本人スタッフの方がサポートしてくれる所が良かったし、何より子供が飽きないようにテンポよくレッスンが展開されるのでとても楽しそうでした。2歳で「きらきら星」英語版を歌う姿を見た時、HANDZに決めて良かったなと思いました。小学校低学年から机上レッスン&宿題が出るようになっても変わらずレッスンを楽しめているのも歌やクイズやゲームなどで盛り上げながら分かり易くレッスンを進めてくれる先生のお陰だと思っています。アットホームな雰囲気でサポートして下さる受付の方、スタッフの方々にも感謝しています。これからもよろしくお願い致します。

南流山校 並木ののか(Returneeクラス)

4年間のアメリカ生活から帰国して、すぐに英語の環境を整えるため数カ所の教室を回りましたが本人があまり乗り気ではありませんでした。楽しくやれるのはいいけれど、ゲームや歌ばかりで物足りなかったり検定を重視しすぎて長文を読む、書くことばかりの教室だったりと、親としても通わせたいと思えるところが見つかりませんでした。そんな時、流山校でReturneeクラスを開設するということで体験したところ、子供もとても楽しかったようです。Handzは子供から通いたいと言ってくれました。私が望んでいた、読む、書く、話す、聞くというバランスもよく満足しています。先生、スタッフの方々が常に良い授業、教室にしていこうと色々なことにトライされており、熱意を感じます。体全体を使った授業の中でアメリカ生活のように英語がもっと身近な存在になるよう望んでいます。

ハンズイングリッシュスクール